就職活動用スーツの誤解

 就職活動にスーツは欠かせません。面接官に与える第一印象は非常に大切なものですので、ふさわしいスーツを選び、着用することは就職活動の第一歩といえます。最近、就職活動用にブラックカラーのスーツを購入する人が増えています。実はブラックカラーのスーツは冠婚葬祭時に着用するもので、その他のシーンでは着用しないというのが常識です。しかし最近ではそのような常識も変わりつつあり、仕事でブラックカラーのスーツを着用する人も増えています。そのため就職活動にブラックカラーのスーツを着用しても問題ないケースも多々あります。しかし中には常識に対して厳しい見方をする面接官もいるので注意が必要です。

 

どのようなスーツを選ぶべきか

 無難であり、尚且つ就職活動後も着用できるスーツといえばダークグレー、もしくはネイビーカラーのものです。このようなカラーのスーツを購入するならまず間違えはないでしょう。最近ではジャケットの丈が短かかったり、極端に細いスーツが流行っています。しかし就職活動ではこのようなスーツは着用しないほうがよいかもしれません。またジャケットはシングルタイプのものが好印象に見えます。パンツの裾はシングルでも、ダブルでもかまいません。しかしダブルにする場合、裾の幅は3.5から4センチにするのが一般的です。こうしたことを心がければ、ふさわしい服装で面接に望むことができます。


このページの先頭へ戻る