既卒者が就職面接を受ける場合、よく指摘されることとして、なぜ前職をやめたのかと言う退職理由です。特に、何回も転職を繰り返している人材については転職理由を指摘されることが多いです。こうした際に必要な対応としては、少しでもポジティブな理由にすることです。ネガティブな退職理由にしてしまうと、それまでの退職の全てがその人が悪いように面接者にとられてしまうからです。

 

 また、企業としても考え方がネガティブな人は基本的に採用をしたくはないため、そうしたことを避けるためにも少しでもポジティブな退職理由にしておくことです。具体的には、自らが持っている能力や資格を前の職場では活かすことができなかったことや、もっと違い視点で活躍したかったなどの前向きな理由がよいです。それ以外の事項として、嘘や誇張表現を使用しないことです。相手もビジネスマンのため、こちらがついた嘘や誇張表現はすぐばれてしまいます。

 

 仮にそうした嘘を信用しても相手側が深く話を掘り下げれば必ず矛盾点が出てしまい、結果的に嘘をついたことがばれてしまいます。そうなると、その企業の面接は不合格になる可能性が高くなります。


このページの先頭へ戻る