就職活動の失敗からなしくず的にフリーターになってしまった方や、しばらく仕事をしていたけど、どうしても勤めていた会社になじめず、今は自宅で過ごしているけど、早く就職したいと考えているならば、まずは実務経験が無くても取れる資格を取得し、就職や転職へ備えましょう。

 

フリーターの就活が有利になる資格とは?

 

介護職員になって介護福祉士取得を目指す

 慢性的な人手不足な介護福祉の現場は、求人数も多いので、将来的に介護福祉士を取得するために、まずは介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得しておくと、面接に有利になります。介護の仕事は、実は介護職員初任者研修の資格を持たずとも勤務はできますが、現在の介護の現場では即戦力を求められますので、認定資格である介護職員初任者研修を取っておくと、就職では有利になります。介護福福祉士を取得するには、実務経験が3年以上必要ですので、まずは介護職員初任者研修を取得し、3年間は頑張って働けば、介護福祉士の試験を受けることができ、給与もUPします。介護職員初任者研修は、催促1ヶ月で取得でき、金額は10万円前後かかりますが、無職や求職状態である場合には、資格取得制度を利用して、無料で資格を取得できる制度のありますので活用しましょう。

 


このページの先頭へ戻る